早く症状を完治させたい|いぼ手術の際に知っておきたいこと【事前に麻酔をすれば緩和できる】

いぼ手術の際に知っておきたいこと【事前に麻酔をすれば緩和できる】

早く症状を完治させたい

看護師

治療法で治療期間が違う

いぼは小さなものでも目立つ場所にできると気になってしまう人もいるでしょう。この症状には大きくウイルス性と老人性に別けることができます。ウイルス性はその名前からも分かる通りウイルスに感染することで症状を発症します。感染する原因として怪我や人に触れる、免疫力の低下などがあります。仕事によっては怪我をしやすい職場もあるでしょう。小さな怪我であってもウイルスが体内に侵入して症状を発症します。ウイルス性は人に触れることでも感染します。ただウイルスが皮膚に侵入したからといって必ず症状が現れるわけではありません。免疫力が高い状態では発症することはないでしょう。免疫力が低下していると少しのウイルスでも発症してしまうので、症状を発症させないためには規則正しい生活を送ることが大切です。老人性は加齢や皮膚のターンオーバーが原因です。加齢によって皮膚のターンオーバーの周期が長くなることで角質がたまりやすくなります。このことで症状が発症しやすくなります。ただ老人性といっても若い人でも発症することがあります。老人性の症状は紫外線も原因となることがあり、この紫外線とターンオーバーの乱れで若い人でも発症します。老人性の症状は市販薬でも治療は可能ですが、ウイルス性は治療が必要になります。ウイルス性は完全に手術で取り除かないと再発するので病院やクリニックでしっかりと治療をしましょう。病院や美容クリニックでの治療ではレーザー治療や液体窒素での治療が一般的です。気になるいぼを少しでも早く完治させるには美容クリニックでの手術が最適です。少しでも早くいぼを取り除きたいと考えるならレーザーによる手術が最適でしょう。一般的な皮膚科でも液体窒素を使った手術が行われています。液体窒素での治療は保険が適用されるので費用が安いのが特徴です。しかし強い痛みを感じることがありますし、治療期間が長いのがデメリットです。複数回の治療が必要で、場合によっては完治するのに1年以上かかることもあります。目立たない場所の治療では費用の安い液体窒素でもいいですが、そうでない場合にはあまり向いていない治療法でしょう。美容クリニックでのレーザー治療なら1〜2回での治療で完治も可能です。早く完治させたい人には最適なのですが注意点もあります。美容クリニックでのレーザー治療では保険が適用されません。そのため全ての費用が自己負担となります。小さないぼであれば、安いところは1,000円程度で治療してくれるところもあります。しかし美容クリニックの費用はクリニックによって様々で、小さいものでも1万円程度必要なところもあります。このようにクリニックによって費用が大幅に違うので注意が必要です。美容クリニックで治療をする際にはネットなどでまずは費用を確認してみましょう。1〜2回程度の治療で完治が可能なことからも、多少遠い場所にあるクリニックでも費用が安いところの方が良いでしょう。液体窒素の治療では痛みを感じることもありますが、クリニックでのレーザー治療では麻酔を使うので痛みもほとんど感じることなく治療が受けられます。保険適用外ということもあり費用の確認はしっかりとする必要がありますが、美容クリニックは早くいぼを取り除きたい人には強い味方となってくれるでしょう。

Copyright© 2018 いぼ手術の際に知っておきたいこと【事前に麻酔をすれば緩和できる】 All Rights Reserved.